So-net無料ブログ作成
wb-image.jpg

ワールドバード WATARIDORI

ホームページURL : http://www7b.biglobe.ne.jp/~wataridori/
中米・コスタリカ ブログトップ

2006.5.3-11 オオハシ [中米・コスタリカ]

コスタリカで印象に残る鳥のひとつがオオハシです。
一度見たら忘れる事の出来ない大きくて特徴のある嘴は印象に残ります。
オオハシは熱帯の鳥の代表で42種の存在が確認されているようです。
全て新大陸の固有種。今回私が出会えたのは3種です。。
ニショクキムネオオハシは全長約55cm程ありサンショクキムネオオハシ同様動物園でよくみかけられます。フルーツやベリーを主食にしています。
同じところの樹の上にグリーンイグアナが生息していました。

ニショクキムネチュウハシ
               

サンショクキムネオオハシ
               
ムナフチュウハシ

グリーンイグアナ

       

                
            


2006.5.3-11 コンゴウインコ [中米・コスタリカ]

コンゴウインコ
カリブ海側の熱帯雨林の伐採と違法ペット.トレードが固体の消滅の原因で
野生は400羽の生息と言われています。
全長85~100cmの大型の美しいインコ。
色も鮮やかでガァーガァーとという大きな鳴き声を立て、
飛ぶとき大きな羽音がするので居場所はすぐわかりました。

             

      

数羽が木の実を食べていました。

      
  


 2006.5.3-11 ケツァール [中米・コスタリカ]

シギチからワシタカの渡りのシーズンを迎える時候に成りました。
そろそろ活動の前に今年最も印象に残るコスタリカのシリーズ(5月3日~11日)を逐次お届けします。

中米 コスタリカ 
 日本からアメリカ ヒューストン(12時間)乗継ぎ(4時間)でコスタリカ サンホセ(3.30時間)約20時間の長旅からスタートでした。
コスタリカは九州と四国を合わせたくらいの面積で人口430万人スペイン系 
コーヒーやバナナが産業
首都のサンホセは標高1150m年間を通じて夏の軽沢のような気候雨季は午後スコールがある。
町並みは質素で落ち着いてたコロニアル風の町並みは中米のスイスと云われている。
自然公園や自然保護区が多くエコツアーで多くの欧米人が訪れる観光国です。

ケツァール(和名 カザリキヌバネドリ)
コスタリカのシンボル的存在のケツアールは世界で最も美しい鳥として知られ、
手塚治虫の火の鳥のモデルとも言われています。
コスタリカに行きたい思いはこのケツァールにあえる事でした。
ラッキーな事に2ヶ所で撮影する機会を得て満足な旅でした。

ケツァールの♀(尾羽は短く胸も♂のように赤くなく地味です)

 

2箇所目の撮影地

巣穴に入るシーン

巣穴に入っても尾羽が長いため巣穴からはみ出ています。

巣穴から飛び出したとところ


中米・コスタリカ ブログトップ